はげ対策

はげの予兆と髪の毛の余命

はげの予兆とは?

次のようなことがあったら、はげの予兆だといわれています。
(60代以降は加齢によるもので該当しません)

[A]1日の抜け毛の本数が100本以上
[B]髪の毛が全体的に細くなってきている
[C]抜け落ちた髪の毛の根っこの部分が痩せ細くなっている。丸みがなくなってきた。
[D]頭皮の皮脂の量が増えてしまい、脂っぽい気がする

 

[A]は、髪の毛の成長サイクル活発でなくなり、抜け毛の量が増えている状態。
[B]は、毛根から髪の毛に栄養分を供給する働きが弱まっている状態。
[C]のように髪の毛の根っこの部分が小さくなっていると、頭皮への根の張り具合が浅くナリ、抜け落ちやすくなります。
髪には毛髪サイクルがあり天寿をまっとうした抜け毛なら、毛球は育ちきって丸々としています。細い、小さいものは成長途中で抜けたものです。
[D]は、頭皮の皮脂腺から出る皮脂量が過剰になると、毛根への栄養が行き届かなくなり髪の毛の成長を促す働きを阻害します。

 

髪の毛の余命

上記[A]〜[D]の項目にどれだけ該当するか、加えて個人差もありますから、これだけで髪の余命を予測するのは難しいです。
極端な例になりますが、仮に、[A]〜[D]のすべてに該当する人がいたとして考えて見ましょう。
彼は不幸にも、ある時点から髪の毛がほとんど成長せずに、1日100本抜け落ちてしまいます。
であれば、全体で約10万本あった髪の毛がすべて抜け落ちるには、約3年。
1日200本としたら1年半です。

 

3年、あるいはその半分の1年半、長いか短いか。食事や生活の改善、ヘアケアの工夫、頭皮への働きかけ、などなど、やってみる価値は十分にあるハズです。
人間の身体を構成する約60兆もの細胞は、なんとたった1年間で入れ替わるのだそうです。
日々できることをやってみる価値があると思いませんか?

それぞれの対策へ

[A]は、髪の毛の成長サイクル活発でなくなり、抜け毛の量が増えている状態。

   AGAのスタートが疑われます。⇒AGAによるはげ対策へ

 

[B]は、毛根から髪の毛に栄養分を供給する働きが弱まっている状態。

   毛根の栄養不足は直接与えるのが効果的です⇒育毛剤によるはげ対策へ

 

[C]のように髪の毛の根っこの部分が小さい状態。

   AGAのスタートが疑われます。⇒AGAによるはげ対策へ

 

[D]は、頭皮の皮脂腺から出る皮脂量が過剰な状態

   頭皮環境の悪化が疑われます⇒頭皮環境改善によるはげ対策へ

関連ページ

薄毛の悩む人へ、嘘みたいな話
AGA(男性型脱毛症)の治療に、今、革命が起こっている!
薄毛の悩む人へ、嘘みたいな話
AGA(男性型脱毛症)の治療に、今、革命が起こっている!
予約殺到・はげ対策薄毛専門外来
AGA(男性型脱毛症)の治療。薄毛治療・AGA治療の専門医「予約殺到!スゴ腕の専門外来-SP」動画解説。
抜け毛・薄毛の最新研究「カプサイシン と イソフラボン」
「カプサイシン と イソフラボン」がもたらす抜け毛・薄毛への効果

手遅れになる理由 はげ対策シャンプー はげ対策育毛剤 育毛メソセラピー 自毛植毛 裏事情 クリニック潜入 はげ基礎知識 はげQ&A 潜入!育毛サロン