育毛サロン 料金

クレジット総額266万で施術も、毛髪の状況は悪化し地肌が透けるように

相談事例

相手方販売会社Aが主催する毛髪育毛の無料体験コースについて、雑誌に掲載されてい た広告を見て興味を抱いたため、数年前に相手方販売会社B(当時、相手方販売会社Aと フランチャイズ契約を締結していた。)の店舗に赴き、育毛無料体験コースを受けた。

saron


育毛 体験後、相手方販売会社Bの担当者から、「治療すれば確実に良くなる。」等の勧誘を受け たが、高額であることを理由に断った。
さらに、相手方販売会社Bの担当者が「このまま では治らなくなる。」等の発言により不安となったので、「絶対に治る。」という言葉を信用 して、相手方信販会社Cとの間で、支払総額約56 万円のクレジット契約を締結し、20 時 間の育毛コースや育毛剤等を購入した。

 

その後も、相手方販売会社Bの担当者から「もっと良い育毛剤が使える100 時間コース の方が良い。」等と強く勧められたため、新たに相手方信販会社Cとの間で、支払総額約 120 万円のクレジット契約を締結し、100 時間の育毛コースと育毛剤を購入した。
さらに、相手方信販会社Dとの間で、支払総額約90 万円のクレジット契約を締結した(以 上のクレジット契約を総称して「本件クレジット契約」という。クレジット契約総額は約 266 万円である。)。
しかし、相手方販売会社Bの担当者が説明したような効果が現れなかったのみならず、 毛髪の状況は悪化し、地肌が透けるようになったので、本件クレジット契約を取り消し、 既払い金の返還を求める。

経過

申請人及び相手方販売会社等から、契約締結までの経緯や本事案における解決の方向性 などについて聴取した。
申請人によると、無料育毛体験コースを受けた後、店員より数々の勧誘を受けたものの、 とても即決できる金額ではなかったため、帰宅して再考すると述べたところ、店員は「帰 ってからでは決められなくなると思う。」等と述べて引き止め、執拗 しつよう に育毛剤などの勧誘を 続けたため、契約せざるを得なくなったとのことであった。

 

これに対して、相手方販売会社Aは、フランチャイザーとしての責任については否定で きないものの、現在、相手方販売会社Bと係争中であることから、本事案については相互 に連絡をとっておらず、事実関係も把握していないとのことであった。
ただし、本事案の 解決に当たっては、クレジットに係る契約関係上、あくまでも相手方販売会社Aが加盟店 たる地位にあることから、相手方販売会社Bによるキャンセル対応をもって、相手方販売 会社Bにキャンセル料負担分を請求することとなるが、一時的には相手方販売会社Aがク レジット契約上の支払義務を負担せざるを得ないとの見解であった。

 

一方、相手方販売会社Bは、すべての役務提供は相手方販売会社Aのマニュアルに従っ て行われており、顧客に対する説明方法についても「必ず発毛する」と説明するよう指導 されていたとのことであった。
具体的な解決方法については、中立・公正な立場で仲介委 員が和解提案をするのであれば応じるとの姿勢であった。

 

なお、相手方信販会社C及び相 手方信販会社Dは、相手方販売会社Aと相手方販売会社Bの対応をふまえたいとのことで あった。
こうした両当事者からの聴取内容をふまえ、仲介委員は、
@相手方販売会社Bが、申請 人に対して総既払い額の半額相当額の支払義務があること、
A申請人が相手方信販会社C 及び相手方信販会社Dに対して負っているクレジット契約に基づく残債務は、相手方販売 会社Aが引き受けて支払うこと、
B相手方信販会社C及び相手方信販会社Dは、爾 じ 後ご 、申 請人に対して残債務の請求を行わないこと、
以上3 点を基軸とした和解案を両当事者に対 して提示した。
その結果、両当事者は、本件紛争を早期に解決する観点をふまえ、和解案に応諾したこ とから和解が成立した。

 

管理人より

この場合は、無事和解が成立してよかったと思います。
強引な勧誘や 「必ず発毛する」と説明するといったことがマニュアル化されているのが正直怖いな、と思った事例でした。
医療機関であれば「勧誘」ということもありませんので、同じ無料であるのなら、薄毛・育毛についての無料相談を受けられる専門医療機関にいくほうがよいかと思います。

ミノキシジルの濃度が濃くなることで、かぶれなどの副作用が強く出る可能性もあるでしょう。このような生活習慣の乱れも、充分にふけを発生させる要因となることを頭に入れておいてください。ただ、価格的には決してお安くはなくて、1ヶ月分が約1万円ということですから、価格の点で評価が下がっているという傾向も見受けられます。乾燥系の人には、刺激の少ないアミノ酸系シャンプーがオススメでしょう。そのため、育毛シャンプーを使用することにより、健康な頭皮状態に戻ることができ、育毛する環境も整えられ、それに加えて、頭皮が清潔に保たれることによって抜け毛も少なくなったというのが髪の毛が増えた原因だと考えられるでしょう。X染色体は母親から受け継ぐために、母親が抜け毛だったり母方の祖父が抜け毛であったりすると、その影響を受ける可能性があると言った程度です。小児や高齢者のように比較的頭皮の皮脂が少ない場合は、毎日洗うと頭皮が乾燥しすぎることもあります。これは、最も一般的に市販されているシャンプーで、高級アルコール系界面活性剤を使用しているものです。成人男性によくみられる髪が薄くなる状態で、思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。その結果によると、若くして抜け毛になった人は、X染色体にある男性ホルモンの受容体遺伝子に変異が目立つのだとか。また、植毛した髪が10センチ程度に伸びるには1年ほどかかります。使い始めてすぐに効果が実感できるということは少ないようですが、半年から一年使い続けているうちに、抜け毛が減ったり、フケやかゆみがなくなるなど、何らかの育毛効果を感じるでしょう。だから、抜け毛・抜け毛の人は皮膚科を受診してください。ちょっと髪にボリュームが出てきたような気もするので、このまま使い続けて様子を見ようと思います。睾丸を取って去勢された男性を含めて、性的発育不全の人に男性ホルモンを投与すると、年齢に応じて少しずつヘアは薄くなっていく。モニター調査でも、抜け毛が減った、毛が太くなった、ボリュームが増えた等の感想で、なんと87.3%の方が満足していると言う結果が出ているのです。シャンプーやリンスは自分の髪や地肌に合ったものを選ぶのが大切です。初めて薬用ポリピュアを使用してみて、45日間のうちに育毛効果が実感できなければ、全額返金してもらえますから、金銭的な負担なしで薬用ポリピュアを試すことができることになります。これが抜け毛の原因となってしまうわけですね。できれば、ミネラルやビタミン類も合わせて摂るようにしたいものですね。

 


関連ページ

アデランスへの潜入体験(料金調査)
実際行かないとわからない育毛サロンの料金やサービス内容。 アデランスへの潜入レポです。
アートネイチャーへの潜入体験(料金調査)
実際行かないとわからない育毛サロンの料金やサービス内容。 アートネイチャーへの潜入レポです。
テクノヘアへの潜入体験(料金調査)
実際行かないとわからない育毛サロンの料金やサービス内容。 テクノヘアへの潜入レポです。
プロピアへの潜入体験(料金調査)
実際行かないとわからない育毛サロンの料金やサービス内容。 プロピアへの潜入レポです。
リーブ21への潜入体験(料金調査)
実際行かないとわからない育毛サロンの料金やサービス内容。 リーブ21への潜入レポです。
育毛サロンのカウンセラーって営業なんでしょうか
実際行かないとわからない育毛サロンの料金やサービス内容。 育毛サロンのカウンセラーって営業なんでしょうか

手遅れになる理由 はげ対策シャンプー はげ対策育毛剤 育毛メソセラピー 自毛植毛 裏事情 クリニック潜入 はげ基礎知識 はげQ&A 潜入!育毛サロン